マンツーマンでないことも

数人の生徒に一人の先生

家庭教師を利用すると先生が自宅などに来てくれ、兄弟一緒に指導してくれる時があるものの基本的には一人の生徒を指導してくれます。常に先生が後ろから見ていてくれて、質問したいときにはすぐに応えてくれるので勉強もはかどるかもしれません。個別指導塾を利用しようと考えている人の中には家庭教師と同じようにマンツーマンで教えてもらえる人もいるようです。マンツーマンの所もありますが、多くは二人から数人の生徒に対して一人の先生が付くスタイルを取っているので、一人の生徒に1人の先生が付ききりになってくれるわけではありません。ただ自分で勉強をするスタイルなので常に質問が必要なわけではなく、先生の取り合いになったりはほとんどないでしょう。

手抜きをする子に注意

よくいたずらなどをする子はずっと監視し続ける必要があるでしょう。監視している間は大人しくしていますが、目を離すとまたいたずらをする可能性があります。勉強に関してもずっと見られているときは勉強するものの、監視が無いと分かるとさぼってしまう子がいます。個別指導塾においては完全マンツーマンの所とそうでないところがあり、そうでないところは複数の生徒に1人の先生が教えます。完全マンツーマンなら常に生徒の様子を見てくれるので手抜きはできないでしょうが、複数の生徒を見るタイプだと先生が他の生徒を見ているときに手抜きをしてしまうかもしれません。自分の子の勉強の取り組み方などを知った上で個別指導塾を選ぶ必要がありそうです。

中高一貫の塾とは私立の中高一貫校や、中等教育学校に在籍する生徒が通う塾のことです。高校受験の無い中高一貫校では、進度の早い授業が行われるので、独自のカリキュラムに対応した中高一貫校専門の塾があります。