学習に対する理解が深まりやすい

気になるところを教えてもらえる

集団指導塾ではそれぞれのクラスで共通のテキストを使って授業を進めていきます。初めて教えてもらうところもあれば既に学校で勉強したところもあるでしょうが、どちらも同じように講義が進められていきます。初めての所はもっと細かく教えてほしいと感じるでしょうし、既に勉強したところはどんどん先に進んでほしいと感じたりするでしょうが、自分の理解度に合わせて授業が行われるわけではありません。個別指導塾は個々の生徒の勉強に講師が合わせてくれるので、初めて勉強するところで分からなければそこだけ集中して教えてもらえたりします。学校で教わっていて知っている部分でも、気になるところがあれば質問ができその部分の理解を深めやすくなります。

個々の生徒の情報を把握

集団指導塾では個々の生徒の学力を模試などで把握し、学力別にクラスを決めています。進路指導などは個々に行ってくれるものの、授業はクラスごとに行われるので個々の生徒に合わせてくれるわけではありません。クラスは学力が近い子が集められているとはいえトップの子と下位の子では理解度が異なり、同じ授業だと理解の仕方に差が出る可能性があります。個別指導塾でも進路指導は個々に行われ、各生徒の成績や志望校の情報なども管理されています。授業が始まる前に講師が担当する子の情報をチェックしてくれているので、その子に合った指導をしてもらえます。その子にとって苦手科目を教えるときにはより細かく教えてくれるので、理解しやすくなるでしょう。

中学受験の個別指導は大人数による講義の形式ではなく、マンツーマンで個別に中学校入試試験のための指導を行う形式の、塾や家庭教師のことになります。