個人にあった学習計画

科目ごとの対応がしやすい

将来の受験のために塾を選ぶときがあるでしょうが、集団指導塾では志望校に合わせたコースを選ぶと必要な科目の授業が受けられます。あくまでもコースに沿った授業になるので、得意科目をどんどん勉強したり、苦手科目をじっくり勉強したりなどはできないでしょう。個別指導塾のメリットとして個人の学習計画に合わせやすいところがあり、何を学ぶかなどは自由に決められます。事前に現在の学力などのチェックや志望校の確認などがあり、それに基づいて学習計画のアドバイスなどをしてもらえます。特に力を入れないといけない科目を重点的に勉強したり、平均的に学力アップするならいろいろな科目が勉強できるよう計画を立てた上で授業が受けられます。

受験対策と授業の遅れ対策

かつてに比べると塾を利用する人が増え、塾の種類も多様になっています。以前からあるのが進学校などを目指す進学塾で、学力の高い生徒などが通っているようです。一方最近増えているのは授業の遅れや定期テストのサポートを主に行ってくれる塾で、学力が平均的な生徒から少し劣る生徒なども利用しています。進学塾では学力サポートはあまりしていなくて、学力サポート塾は進学校を目指しにくい点がありますが、個別指導塾はどちらにも対応しているのがメリットになるでしょう。入塾してくる生徒に対してカウンセリングを行い、進学校を目指す生徒や学力サポートが必要な生徒にそれぞれ学習計画を立ててくれます。指導してくれる講師も学習計画に合わせた指導をしてくれるので安心です。

合格ラインに達するために必要な勉強は人それぞれ違います。高校受験の個別指導では、生徒一人一人に合った指導が受けられます。